2011年11月06日

シニア情報生活アドバイザー資格を取得しました

私が会員になっている「NPO法人東上まちづくりフォーラム」には、地域貢献の一環として「とくとく市民大学」を開校しています。

この市民大学の講座にシニア向けのパソコン講座を開設しており、その講師になるべく「シニア情報生活アドバイザー」の資格を取りました。

資格取得は、養成講座実施団体の講座に参加して、認定試験に合格する必要があります。
私は養成講座実施団体であるNPO法人自立化支援ネットワーク(IDN)の講座に、毎週土曜日9:30〜16:30を4回と最終土曜日の認定試験に参加しました。

サラリーマン現役時代は、昭和60年代から事務机ぐらいの大きさがあったワープロの社内導入を画策したり、営業情報の管理システムを「エポエース」(エクセルのマクロみたいな簡易汎用ソフト)で自作したりして、そこそこパソコンについては知っているつもりでしたが、シニアの初心者にパソコンの起動から日本語入力などを教えることの大変さを身をもつて体験しました。

penw3[1].gif

認定試験は、実技(メールの設定や文書作成など)45分、プレゼンテーション(PC活用方法)15分、筆記(教本持ち込み可)60分で実施され、私は特に筆記について教本通りの回答を要求されるので、何年ぶりかで猛勉強しました。
                               
IDNの理事長他講師の皆さんの親身なご指導で、何とか合格することが出来ました。
最終日の認定試験終了後は講師の皆さんと居酒屋で懇親会。
講師のお一人が私の中学・高校の2年先輩であることが判明するおまけもありました。

penta 画像.jpg

posted by pentaro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

中華パッドを衝動買い その2

原道N50 レビュー

「良いところ」
・公式マーケットに対応している
 PCのマーケットに端末名が表示される
・全般に動作が機敏
 アプリ起動が早い 、アイコン表示が早い、ネット閲覧が早い
・USBホスト機能が使える
 usb外付けメモリが使える、usbマウスが使える(だからどうした)

「悪い又は問題のあるところ」
・青歯が使えない
・やはり老眼には5インチは見にくい(字が小さい)
・プチフリーズが時々ある(初期のSSDを思い出す)
・wifiの感度が鈍い
・wifiが時々繋がらない(再起動で解消)
・スリープ中に画面を拭いていると勝手にスイッチが入る
・充電中に電源が入ったり切れたりする
・電池消費量が多い
・バイブが効かない
・gセンサーが鈍い
 shootmeで30センチ上下して初めてシャッターが落ちる
・openwnnフリック対応に設定してもすぐandroidキーボードに戻る
 チタニでandと中華を凍結して解決
・チタニで中国語のアプリを削除したらYOUTUBEだった

以上問題点が多いようですが、致命的なものは少なく完成度の高い中華パッドと思います。

しかし、手放しました。
ideosの字があまりに小さく、携帯可能でそこそこ字が見やすいと思って5インチを購入しましたが、やはり厳しいのと、青歯がどうしても欲しかったので購入したアキバのapad専門店さんのオークションに出しました。出品の二日目で落札されました。


penta 画像.jpg

posted by pentaro at 00:00| Comment(0) | 中華パッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。