2011年11月03日

中華パッドを衝動買い その2

原道N50 レビュー

「良いところ」
・公式マーケットに対応している
 PCのマーケットに端末名が表示される
・全般に動作が機敏
 アプリ起動が早い 、アイコン表示が早い、ネット閲覧が早い
・USBホスト機能が使える
 usb外付けメモリが使える、usbマウスが使える(だからどうした)

「悪い又は問題のあるところ」
・青歯が使えない
・やはり老眼には5インチは見にくい(字が小さい)
・プチフリーズが時々ある(初期のSSDを思い出す)
・wifiの感度が鈍い
・wifiが時々繋がらない(再起動で解消)
・スリープ中に画面を拭いていると勝手にスイッチが入る
・充電中に電源が入ったり切れたりする
・電池消費量が多い
・バイブが効かない
・gセンサーが鈍い
 shootmeで30センチ上下して初めてシャッターが落ちる
・openwnnフリック対応に設定してもすぐandroidキーボードに戻る
 チタニでandと中華を凍結して解決
・チタニで中国語のアプリを削除したらYOUTUBEだった

以上問題点が多いようですが、致命的なものは少なく完成度の高い中華パッドと思います。

しかし、手放しました。
ideosの字があまりに小さく、携帯可能でそこそこ字が見やすいと思って5インチを購入しましたが、やはり厳しいのと、青歯がどうしても欲しかったので購入したアキバのapad専門店さんのオークションに出しました。出品の二日目で落札されました。


penta 画像.jpg

【関連する記事】
posted by pentaro at 00:00| Comment(0) | 中華パッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。